コンプライアンス対策は会社の企業価値を高めます

コンプライアンスを学ぶ

企業、団体、組織が持つ社会的責任と共に、よく耳にするようになった言葉があります。

コンプライアンスとは?の画像それは、「コンプライアンス」です。

一体、コンプライアンスとはどのような意味を表す言葉なのでしょうか。

コンプライアンスとは、法令遵守という意味で訳されます。

英語のComplianceが由来となっており、命令や要求に従う、規則に準拠するといった意味を持っています。

Complianceの由来となっている動詞は、Complyはwithを伴う事によって、希望や条件、要求、方針に応じる、従うといった意味になるという性質があります。 その為、コンプライアンスとは法令遵守に加えて、社会貢献や倫理に配慮した行動を取るという意味になります。

高まるコンプライアンスへの取り組み

企業、団体、組織は、リスクマネジメントの一環としてコンプライアンスに取り組まなければいけないと言われています。

また、年々その重要性は高まっていると指摘されており、企業、団体、組織は健全な経営を行う事が求められています。

当サイトでは、コンプライアンスへの取り組みを行う際に必要となる知識を、学者や法律家ではなく、実務者の視点で整理した情報を紹介しています。

コンプライアンスそのものは考え方を含めてそれほど複雑なものではありません。しかし、実際に企業や組織、そして全従業員へコンプライアンスに対する考え方を浸透させるとなると簡単なものではありません。

コンプライアンスに対する考え方自体はシンプルでも、運用や定着となると極めて難しいのです。

当サイトの情報を参考に、まずはコンプライアンスに対する考え方を深めて、実務への落とし込みを行うことをオススメします。

カテゴリメニューより、興味のあるものを選んで読み進めてください。記事は定期的に追加しております。

コンプライアンスとは

企業コンプライアンスとは

コンプライアンス違反事例

コンプライアンス違反の原因

コンプライアンス教育

コンプライアンス教育の方法

コンプライアンス研修

コンプライアンス実習

コンプライアンス検定

更新履歴

2015.04.01
サイトをリニューアルしました(スマホ対応しました)

スポンサーリンク

カテゴリ

Page top icon