コンプライアンスとは、そもそもどのようなものでしょうか。日本におけるコンプライアンスの中身を確認しましょう

コンプライアンスって簡単?難しい?

最近は、コンプライアンスと言う言葉も身近になりました。しかし、身近になった反面で、言葉じたいが独り歩きをしているということも現実的にはいえるのではないでしょうか。

コンプライアンスとは?の画像日本では、コンプライアンスというのは「法令遵守」と訳されていますが、実際にはこの訳だけでコンプライアンスを語ることはできません。

特に、日本では言葉が曖昧になりがちですが、コンプライアンスも曖昧なままに解釈され、一人歩きをしているような気がします。

上場企業での管理職であっても、コンプライアンスという言葉の本質的な意味を誤解し、時に自らの都合の良いように解釈してしまっていることもあります。

だからこそ、企業の不祥事はなかなか減らないということもいえるのです。

そこで、まずは正確にコンプライアンスについて理解を深めるとともに、言葉の意味や日本でのコンプライアンスという言葉の使い方、変遷などをみておくのが良いでしょう。

 

コンプライアンスを自分なりに解釈する

コンプライアンスについてまずは確認をしてみてください。

スポンサーリンク

カテゴリ

Page top icon