コンプライアンスの基本は、まずは歴史を知り、理解することが大切です

コンプライアンスはまずはアメリカで叫ばれた

コンプライアンスとは、法令遵守を意味する言葉として、広く知られるようになりました。

コンプライアンスの歴史とは?の画像では一体、コンプライアンスとはどのような歴史を持つ言葉なのでしょうか。

この言葉が知られるようになった背景として、1960年代のアメリカが挙げられます。

1960年代のアメリカでは、企業、団体、組織が独占禁止法の違反など様々な法令違反を行っていました。

こうした法令違反に対する対策として生まれたのが、コンプライアンスです。企業、団体、組織は、独自に対策プログラムを作成し、実践しました。こうしてコンプライアンスとは、法令遵守という意味を持つ言葉として、ビジネスの世界において浸透して行ったのです。

コンプライアンスの広い解釈

しかし誕生した当時は、コンプライアンスとは関係する法令を守るという意味だけでした。

そこから、世の中の常識や良識といった社会的な規範も守る事が、含まれるようになり、最終的に現在のような理念やビジョンに適した行動を行うという事も、含まれるようになったとされています。

特に、日本では法令が古いということもあって、コンプライアンスの解釈は広く捉えられているのが一般的です。つまり、単に法令(法律)だけを守っていれば良いということではなく、それ以外の価値観なども含めて、範囲が広いというのが特徴的です。

それが故に、コンプライアンスへの取り組みがルール化されにくく、制度的な運用が難しいという問題が存在しています。

 

コンプライアンスを自分なりに解釈する

スポンサーリンク

カテゴリ

Page top icon