コンプライアンスが厄介なのは意味が広く、特に日本は諸外国と比較して範囲が広いものとなっています

コンプライアンス=法令遵守という考え方

コンプライアンスとは、直訳すると法令遵守という意味になります。

コンプライアンスに含まれるものの画像しかし、この言葉の意味通り解釈すると、経営において法律や条例を守る事となります。

こうした意味ならば、わざわざ企業、団体、組織が取り上げる必要は無いと考える方もいるのではないでしょうか。

法律や条例を守るという事は、個人でも当たり前に行われている事であり、経営においても守られて当然の事柄です。

では、コンプライアンスとは何故、企業、団体、組織で取り上げられているのでしょうか。

ビジネスシーンでのコンプライアンスの解釈

コンプライアンスとは、直訳である法令遵守以外にも、意味を持つ言葉として、ビジネスの世界に浸透しています。

企業倫理、社内規定及びマニュアル、社会貢献といった事も、この言葉には含まれているのです。 また、ルールの設定や運用、環境整備といったリスクマネジメントに関する動きも、意味として含まれています。

その為、コンプライアンスは企業、団体、組織で取り上げられており、重要視されているのです。

コンプライアンスに含まれている言葉の意味を広く捉えないと、方向性のズレた対策になってしまうことがあります。実際、そのように、一律的な対応をした結果、コンプライアンス違反によって企業不祥事として事が大きくなり、企業に甚大な被害を与えてしまうことがあります。

言葉の意味は簡単そうで難しいですから、まずは、コンプライアンスの背景とともに押さえていくと良いといえます。

 

コンプライアンスを自分なりに解釈する

スポンサーリンク

カテゴリ

Page top icon