日本では、諸外国と比べてみると、求められているコンプライアンスは概念的に広いものとなっています

コンプライアンスの日本での解釈

日本の企業、団体、組織に求められているコンプライアンスとは、どのような事でしょうか。

日本で求められているコンプライアンスの画像コンプライアンスとは、法令遵守という意味で紹介される事がほとんどです。

しかし、法令遵守は企業、団体、組織にとっては当たり前の事であり、個人でも当然のように行っている事です。

その為、法令遵守という意味だけでは、わざわざコンプライアンスという言葉を使ってまで紹介する必要はないと言えるでしょう。

つまり、日本の企業、団体、組織に求められているコンプライアンスとは、法令遵守という意味だけ留まりません。ここを誤解してしまうと、法律だけを守っていれば良いという発想になりがちです。

これでは、コンプライアンスに関する対応策としては全く機能していないということがいえます。

法律を超えるような高度な水準での企業理念や倫理

法律を超えるような高度な水準での企業理念、厳しい倫理規定の実践という事が、求められている事なのです。

その為、コンプライアンスを法令遵守とだけ捉えていると、非常に視野が狭くなってしまい、求められている事に応える事が不可能となるでしょう。

コンプライアンスとは、社会からの信頼や期待に応えるような企業理念や倫理規定を設定し実践する事と、深く理解する事が重要です。

もちろん、このことは全ての従業員が理解していることで、初めて価値があります。一人だけが高い意識を持っていても、組織的な改善はできません。

皆で一丸となってコンプライアンス対策を行っていくことが、組織の価値を向上させ、組織を守ることに繋がっていきます。

 

コンプライアンスを自分なりに解釈する

スポンサーリンク

カテゴリ

Page top icon