法令順守はできて当たり前の時代、できなければ未来はないというのが最近の認識です

法令を守れば何をして良い?

コンプライアンスとは、日本語では法令遵守という意味で訳される事がほとんどです。

コンプライアンスで法令遵守は最低限必要の画像だからといって、法律を守れば何をしても良いという事ではありません。

残念ながら、法律の隙間をぬって、違法に近いギリギリの行為を行っている企業、団体、組織も存在しています。

しかし、こうした企業、団体、組織が法律に違法していないと説明した所で、納得する事は難しいのではないでしょうか。

その為、いずれは社会的な信用を失う事となり、最終的に取り返しのつかない事態を招いてしまう事となるでしょう。

遵守するのは法律だけではなく、日本人の心のことも含めて

つまり、コンプライアンスとは、ただ法律を守る事を徹底させるという意味の言葉では無いという事です。

法律を守り、違法行為を防ぐ事も勿論重要な事です。

しかし、コンプライアンスとは法令遵守のその先にある、企業理念、倫理規定、社会貢献を見据えた意味を持つ言葉であるという事を、理解する事が大切です。

特に、日本では昔からの伝統を重んじて、それほどうるさくなかった消費者ですが、最近では価値観の多様化に伴って、いろいろと細かい部分まで要求水準は高まりつつあります。

法令遵守だけでは企業は生き残ることはできません。それ以上の、本当に細かい部分での、心のこと、つまり、精神的なことが大切になりつつあります。

 

コンプライアンスを自分なりに解釈する

スポンサーリンク

カテゴリ

Page top icon