上場企業であればコンプライアンス対応は行われていて当然のことです

コンプライアンスの原点と呼ばれる思想とは

法令遵守を意味するコンプライアンスですが、その原点と呼ばれる思想があります。

上場企業のコンプライアンスの考え方(画像)コンプライアンスとは、どのような思想の意味を原点とする言葉なのでしょうか。

コンプライアンスとは、適切かつ公正な企業活動を行う事、そしてそれを通して社会貢献を行うという思想の意味を原点とする言葉と言われています。

特に、企業ブランドを売りとしているような上場企業が、法律の隙間をぬうような行為を行っていると、世間へ多大な影響を与える事となります。

その為、特に上場企業には、他の企業の模範となる態度が求められています。

コンプライアンスとは、全ての企業、団体、組織に必要な事です。

上場企業では特にコンプライアンスが求められる

しかし、中でも上場企業は、積極的に推し進めるべき事柄となっています。

では、どのように推し進めていくべきなのでしょうか。

ここで重要となる思想が、常識が法律であるというものです。

この思想に基づいて、法令遵守を基盤とした企業理念、倫理規定、社会貢献などを、他の企業よりも積極的に上場企業は行わなければいけません。

上場企業は社会に与える影響が特に大きく、消費者の多大な期待を背負っていることも事実です。上場企業が率先してコンプライアンスに取り組むことは、社会を良くすることはもちろん、中小企業や小規模事業者などにも、コンプライアンスへの関心を持たせるという善循環を作ることができるようになります。

誰かがまずは取り組まなければ社会には広がりませんが、上場企業はその役目を担っているといえるでしょう。

 

コンプライアンスを自分なりに解釈する

スポンサーリンク

カテゴリ

Page top icon