経営者だけではなく、全ての社員が遵守すべきものであり、パートタイマー職員やアルバイトも含まれます

企業統治としてのコンプライアンス

コンプライアンスとは、経営に関する意思決定の主体、仕組みを意味する企業統治の基本原理の1つとされています。

コンプライアンスを守る人は誰?(画像)ビジネスの世界では、法令遵守という意味に訳されるのが一般的です。

法令遵守と訳されるコンプライアンスですが、実際は法令遵守だけを意味する言葉ではありません。

社内における企業理念、倫理規定、社会貢献などのルールを守る事も含まれるのです。

また、コンプライアンスとは、企業が持つ社会的責任に対する考え方の大前提ともなっています。

コンプライアンスとは、企業が活動を行う上で関わる全てを守る為のものです。

その為、企業、団体、組織において、守るべき最低限のルールと言っても過言ではないでしょう。

コンプライアンスを遵守すべき人とは

また、コンプライアンスは経営者のみが意識すれば良いルールではありません。

働く社員全てが、その意識を持ち合わせる必要があります。 自分は関係無いと思うのではなく、社員一人一人が当事者であるという意識を持つ事が、大切です。

たった一人の社員のコンプライアンス違反によって、企業全体の信用を失墜してしまうことは少なくありません。信用低下によって、最悪の場合には倒産という事態を招くこともあります。

信用は積み上げるのは大変ですが、壊すのは一瞬です。これは、社長だから、社員だから、アルバイトだから・・・という、主体は関係ありません。誰であっても、コンプライアンスは遵守しなければならないということなのです。

 

コンプライアンスを自分なりに解釈する

スポンサーリンク

カテゴリ

Page top icon