法律で規制されないコンプライアンスは、自発的な対策がポイントであり、企業の差別化要因でもあります

コンプライアンスは自発的に取り組むもの

コンプライアンスとは、法令遵守という意味を持つ言葉です。

コンプライアンスへどう取り組むのか(画像)しかし、企業理念、倫理規定、社会貢献などの広い範囲を意味する事がほとんどです。

なお、これらの広い意味での範囲における活動は、各企業、団体、組織に任せられています。

つまり、コンプライアンスとは企業が自発的に取り組むべき事柄とも言えるでしょう。

コンプライアンスとは、自発的に取り組むべき事柄ゆえ、企業により取り組み方は様々です。

ブランド力を身につける為に積極的に取り組む企業もあれば、最低限の法令遵守として取り組む企業もあります。

実際に、ブランド力を身につける為には、大きな改革が必要となるでしょう。この場合は、最低限の法令遵守では、取り組む範囲が狭すぎます。

コンプライアンスを遵守すべき人とは

その為、企業理念、倫理規定、社会貢献といった広い範囲にも取り組むべきでしょう。

そうする事により、社会的な信頼を得られるので、ブランド力も向上するでしょう。しかしそれには、社風は勿論、社内の文化なども改善する必要があります。

要するに、コンプライアンスを自発的に推進していくというのは、簡単ではないということです。企業によって社風や文化は異なりますから、準備段階が必要です。もちろん、社員の意識変革も重要なポイントです。

コンプライアンスへの取り組みを強行しようとしても、なかなか上手くいくものではありません。しっかりとした準備を整えながら、推進していくことが必要なのです。

 

コンプライアンスを自分なりに解釈する

スポンサーリンク

カテゴリ

Page top icon