最近は消費者である国民のパワーが増しています

企業コンプライアンスが評価対象になってきた

企業コンプライアンスという考え方に対して、社会的背景が与える影響とはどのような事でしょうか。

現在では、企業を評価する基準は国内だけのものではなくなり、厳しい世界的な基準で、評価が行われる>ようになりました。

こうした評価基準に加え、規制緩和などの社会的な変化が、国民一人一人の意識にも変化をもたらしたと言われています。

その結果、環境や食の安全への高い意識や権利に対する意識、企業の社会的影響力に対するチェックなどが行われるようになったのです。

これらは、企業がこれまでよりも国民に厳しい目でチェックされるようになったという意味を示します。言葉を変えると、多くの視点から監視されるようになったという意味になるでしょう。

コンプライアンスは経営課題として優先順位が高い

こうした社会的背景が、企業コンプライアンスという考え方をより複雑かつ高いレベルで求めるようにした事は間違いありません。

その為、企業コンプライアンスが持つ意味は、非常に大きくなっています。数ある経営課題の中でも、企業コンプライアンスは大きなウェイトを占める重要事項と言っても過言ではないでしょう。

 

企業コンプライアンスについて理解する

スポンサーリンク

カテゴリ

Page top icon