企業コンプライアンスと労働者は大きな関連性があり、働き方の変化もコンプライアンスに影響しています

人材の流動化がもたらすコンプライアンス問題

企業コンプライアンスという考え方に、雇用形態の変化が影響を与えているというのはどういった意味でしょうか。

現在では、多くの企業でリストラが行われ、これまでの日本の企業に多かった家族的経営が行われなくなってしまいました。

その結果、人材の流動化が進行し、会社に対する責任感や忠誠心の薄れが指摘されるようになりました。

アルバイトによる不祥事や、転職をした元社員による不祥事の告発などが、それを意味していると言えるでしょう。

終身雇用の時代は、企業コンプライアンスを整備する必要が無かった時代を意味します。何故ならこの時代は、会社に対する忠誠心を社員が持ち合わせていたので、どんな社内情報でも漏れる事は無かったからです。

企業への忠誠心の薄れが問題を大きくしている

しかし、忠誠心は勿論、社員同士の仲間意識も薄れてきた現在の社会では、ルール違反があれば、すぐに表面化してしまいます。

その為、企業コンプライアンスを強く意識せざるを得ない状況になったと言われています。このようにして、雇用形態の変化は企業コンプライアンスに強い影響を与えたとされています。

 

企業コンプライアンスについて理解する

スポンサーリンク

カテゴリ

Page top icon