企業コンプライアンスについて、あらためて重要性を確認しておくことも大切です

3つの観点からコンプライアンスの必要性を整理する

企業コンプライアンスが、近年重要視されています。

法令遵守という意味を持つコンプライアンスが、何故重要視されているのでしょうか。ここでは、重要視されている要因をまとめてご紹介します。

まずは、企業倫理や社会貢献への取り組みに対する評価です。これは、社会的責任を果たしているかどうかという意味であり、高評価であればあるほど、ブランド力が高まります。

続いて、不祥事の発覚です。二度と不祥事が起こらないような制度、システムが求められるようになり、その結果企業コンプライアンスに対する意識が高まったとされています。

中小企業でも当てはまる経済のグローバル化

また、経済のグローバル化という変化により、日本だけでなく世界の国々の企業倫理を踏まえた行動が求められるようになりました。これらの対応策としても、企業コンプライアンスは大きな意味を持っていると言われています。

グローバル化と言われても、規模の小さな企業はパッとしないかも知れませんが、私たちの身の回りを見れば、諸外国の製品で溢れています。つまり、消費者からは諸外国の製品などと比較されていることになり、その意味でグローバル化の進展は企業規模に関係なく影響を及ぼしているといえます。

さらに、雇用形態の変化による労働者の意識の変化も、要因の1つとなっています。こうした複数の要因によって、企業コンプライアンスは重要視されるようになりました。

 

企業コンプライアンスについて理解する

スポンサーリンク

カテゴリ

Page top icon