コンプライアンスへの対応遅れは大きな事件になる可能性がある

コンプライアンス対応の主軸となる要素とは

ビジネスの重要な条件とされる企業コンプライアンスには、どのような対応を行えば良いのでしょうか。

ここでは、企業コンプライアンスの対応において、主軸となる要素をご紹介します。

まずは、合理的な組織運営です。合理的な組織運営の考え方が、企業コンプライアンスには必要不可欠な要素と言われています。

続いて、法令遵守という直訳の意味を越えた、実質的な活動と判断です。法令遵守という意味を持つ企業コンプライアンスですが、求められる対応は、法令遵守だけではありません。

その為、法令遵守という意味を踏まえた上で、それ以上の実質的な活動や判断が企業には求められているのです。

最終的には社内統制システムの整備へ

最後に、企業統治として、適切な社内統制システムを整備し、それを介した注意・監督義務の社会的要請を発展させるという事です。

これらが、企業コンプライアンスの対応の主軸となる要素と言われています。上記の要素を主軸として、具体的な対応を行う事が、求められているのです。

 

企業コンプライアンスについて理解する

スポンサーリンク

カテゴリ

Page top icon