コンプライアンスへの取り組みに遅れると危険です

コンプライアンス対策にデメリットはない

企業コンプライアンスが重要であるという事は、以前から社会で指摘されていました。

しかし、意味を詳しく知らない、時間やコストがかかるというデメリットから、取り組みを行わない企業も数多くありました。

現在では、企業コンプライアンスは内部統制における4つの目標の1つとしても掲げられています。

そのため、デメリットばかりに気をとられ、積極的に取り組む姿勢を見せない企業は、減少傾向にあるのではないでしょうか。

企業コンプライアンスは社会に定着しつつあり、意味がわからないという方も少なくなりつつあります。こうした状況下では、デメリットばかりを気をとられ、積極的に取り組む姿勢を見せない企業は、消費者は勿論、投資家からも良い評価を得られなくなってしまいます。

コンプライアンスへの取り組みは経営そのもの

その結果、資金や人材不足を招き、最終的には業績や株価の低下に繋がる恐れがあります。

つまり、企業コンプライアンスへの取り組みが不十分な場合、社会的な責任を果たしていないという意味になるのです。

このように、企業コンプライアンスへの取り組みは、経営に対して大きなウェイトを占めていると言えるでしょう。

 

企業コンプライアンスについて理解する

スポンサーリンク

カテゴリ

Page top icon