できることから実行するのが企業コンプライアンス浸透のコツになります

まずは文書化して徐々に形作っていくこと

企業コンプライアンスを、企業全体に浸透させていくにはどのような方法があるのでしょうか。

まずは、企業理念や企業倫理を文書化して、制定するという事です。

続いて、プログラムを作成及び管理です。これは、企業コンプライアンスを浸透させる為の整備計画を立案するという意味になります。

さらに、整備計画を推進させ、定着させる為の組織の整備も必要不可欠です。

また、企業コンプライアンスの専門家や実務家といった存在を育成する事も、企業において大きな意味を持つ事となります。

もちろん、最初からそのような人材がいない場合には、外部の専門家(コンサルタントなど)と共同していくことも意味があります。何も自社内で全てを行わなければいけないということではありません。

マニュアルの作成も必要になる

そして、企業コンプライアンスを労働者全体にわかりやすく伝える、マニュアルの作成も重要です。

どれだけ優れた企業コンプライアンスでも、労働者全体に伝える事ができなければ意味がありません。また、マニュアル作成後は、マニュアルに沿って経営活動に対するチェックを行う組織を整備しましょう。

最後に、労働者全体に向けた研修プログラムや教育プログラムも作成し、実行すれば、企業全体に浸透させる事ができると言われています。

 

企業コンプライアンスについて理解する

スポンサーリンク

カテゴリ

Page top icon