コンプライアンス教育はしつこくしつこくが基本であり、実は本質であります

経営・管理者が率先してコンプラ対策に取り組む

コンプライアンス教育を社員に行う場合、トップや管理者といった立場の人間が、まず積極的に取り組む姿勢を見せる事が大きな意味を持ちます。

コンプライアンスを浸透させるためには基本を繰り返すそして、トップや管理者といった立場の人間が積極的に取り組む姿勢を見る事によって、自然と社員がコンプライアンス教育に取り組むようになる事が、最も理想的な形です。

しかし、なかなか自然と社員がコンプライアンス教育に取り組むようになるのは難しい事でしょう。

それでも、トップや管理者といった立場の人間が積極的に取り組んでいると、重要な意味があるという事を社員全員に示す事ができるので、効果が期待できます。

コンプライアンスを社内に浸透させる為には、定期的に教育を行うという事も、大きな意味を持つ事となります。定期的に、講習や実践に沿ったケースワークなどを行うようにしていきましょう。

自主的に行動に起こさせる為にはしつこく行う

そして、これらに基づいて、社内で自主的に点検が行われるようになれば、コンプライアンスが浸透した状態と言えるでしょう。

具体的な教育内容としては、社内研修、社外研修、内部ゼミ、勉強会などを組み合わせて取り組んでいきましょう。また、時には外部講師を招いての研修なども、効果的です。

いずれにしても、1回や2回の教育や研修でコンプライアンスに対する意識が社内に根付くということはまずありません。やはり、それなりに時間が必要になりますので、諦めずにしつこく、あたかも子供に何かを教えるかのようにクドイくらいにコンプライアンスに対する意識付けを行う必要があります。

諦めてしまえばそれで終わりなのです。

 

コンプライアンス教育について

スポンサーリンク

カテゴリ

Page top icon