自社のコンプライアンスに関する体制整備も、実はコンプライアンス教育なのです

コンプライアンス教育に欠かせない体制整備

社員のコンプライアンス教育には、行動規範を徹底させる事が重要です。

コンプライアンス教育は体制整備がポイントになることもありますしかし、一言で行動規範と表しても、その社員の立場によって内容は変化します。

だからといって、それぞれの立場にあった内容の行動規範をただ伝えるだけでは、どれだけ研修の場を設けたとしても、全く意味がありません。

その為、教育を行う前に、会社全体でコンプライアンスを推進させる体制作りを行う必要があると言えるでしょう。コンプライアンスを推進させる体制は、コンプライアンス教育に欠かせないと言われています。

では一体、この体制には、どのような意味があるのでしょうか。

体制整備の意味とは

何と言っても体制が出来ていれば、推進計画を立案・管理し、設定した目標に近い値が出ているかどうかを計測する事ができます。

具体的に目標を設定する意味としては、社員に対してコンプライアンスをわかりやすくする効果が期待できます。こうした体制は、経営企画室などと同じように運営されるのが望ましいでしょう。

体制整備はそれを行う(すわなち設置)ことも大切ですが、継続的な運用を行うことで初めて価値のあるものとなります。単純に設置して終わりということではなく、継続的な運用を視野に入れた定期的なチェック体制も考慮する必要があります。

 

コンプライアンス教育について

スポンサーリンク

カテゴリ

Page top icon