コンプライアンス教育は企業のブランドやイメージに影響を与えます。体制整備には相談窓口の設置も含み、最近は活用事例が増えてきましたので必須といえます

体制整備もコンプライアンス教育のひとつです

コンプライアンス教育を社内で行う場合、コンプライアンスを推進させる体制作りが欠かせません。

コンプライアンス教育は体制整備も含みますこの体制では、計画を立案・管理し、目標とする値を設定して、計測を行いながら、向上を行っていきます。

こうした体制が整った後は、現場の各部署に推進委員を置くようにしましょう。

推進委員を置くという事は、気軽に相談できる窓口を作るという意味です。体制と相談窓口の両方が整い、維持する事ができれば、社員のコンプライアンスに対する基準は常に鍛えられる事となるでしょう。

また、顧客や株主、投資家に対する企業イメージの向上にも、体制と相談窓口が大きな意味を持ちます。何故なら、これらを維持する事が、それだけコンプライアンス教育に力を入れているという企業という意味になるからです。

体制整備や仕組みづくりは評価につながる

こうして高い評価を得る事ができれば、企業内のモラルも向上し、社員の人間性、士気も向上します。

その為、常に公正な基準を教育していけるよう、計画の見直しも随時行う必要があるでしょう。このように、社員に対するコンプライアンス教育は、企業イメージにも大きな影響を与えます。

企業イメージというのは、いろいろな集合体であるというのも忘れてはならないということです。良い製品だけを作っていればイメージが良いということでは必ずしもなく、赤字でも評価されている会社はたくさんあります。企業のイメージやブランドというのは、さまざまな要素によって構成されていくのです。

 

コンプライアンス教育について

スポンサーリンク

カテゴリ

Page top icon