コンプライアンス教育が不祥事に与える印象、形式的な教育では効果が半減してしまうばかりか、むしろ悪戯半分の不祥事が増えることもあります

コンプライアンス教育は真剣勝負

企業でコンプライアンスの担当となっている社員の中には、教育を行っておけば大丈夫と思っている方もいるようです。

コンプライアンス教育は本質的に行うようにする例えば、不祥事が起こってしまったとしましょう。

コンプライアンス教育を行っていなければ、その不適切さを指摘される事でしょう。しかし行っていると、行っていたにも関わらず不祥事が起きてしまったという風に世間では見られます。

このように、不祥事が起こってしまった場合でも、世間での見られ方が大きく変わります。

しかし、形ばかりのコンプライアンス教育にはどのような意味があるのでしょうか。参加する社員も、ただ形式的に参加したというだけでは、全く意味がありません。その為、形ばかりのコンプライアンス教育を行う事は、やめるべきと言えるでしょう。

社員にとって意味のあるコンプライアンス研修へ

万が一不祥事が起きた際の言い訳として行うようでは、行っていない事とほとんど変わりありません。

その為、本当に不祥事を防止できるような、きちんとしたコンプライアンス教育が、現在では求められています。参加した社員にとって意味のある研修を実施する事が、重要です。

実際に、研修などの教育に掛かる費用を考えてみると、それは相当大きなものであるということがいえます。コンプライアンス教育の間にも給料は発生していますし、業務を中断しているわけですから、その機会損失も大きな額です。

費用対効果(投資効率)を考えるのであれば、中途半端な教育は百害あって一理なしだといえるでしょう。

 

コンプライアンス教育について

スポンサーリンク

カテゴリ

Page top icon