意味のあるコンプライアンス教育を行う為に効果的な方法とは自社に合った方法を選んで、まずは運用してみることです

社員の学ぶ意欲に応えるためには

コンプライアンスの教育を行う上で、大前提とされる言葉があります。

マニュアル作成も効果的ですそれは、ほとんどの社員が勉強を行いたくないという事です。

コンプライアンスの担当者や、法務の業務に就いている社員にとっては、意味のある勉強です。しかし、それ以外の社員にとっては、意味の無い勉強とコンプライアンス教育は言い換える事ができてしまうのです。

一般的に、法律に触れる機会というのはほとんどありません。その為、法律をそのまま読ませるような事をすれば、余計に意欲を削いでしまう事となるでしょう。

そこで、コンプライアンス教育では積極的に勉強を行いたくなるような、意味のある研修を行う事が重要となります。

マニュアルも効果的な手法の一つ

例えば、部署ごとに競わせるといった研修も、1つの方法です。

身近な事例を使ったマニュアルの作成も、興味を持たせるという意味では非常に効果的です。外部のマニュアルを利用したコンプライアンス教育もありますが、この場合も、自社向けにマニュアルをアレンジした方が、社員の意欲向上に繋がるでしょう。

他にもいろいろな方法がありますので、自社でオリジナルの方法を考えてみると良いでしょう。アイデア次第では、非常に有効なツールを生み出すことが可能となります。

 

コンプライアンス教育について

スポンサーリンク

カテゴリ

Page top icon