ありがちな労働契約のコンプライアンス違反。労働契約のコンプライアンス違反の実例、違反実例からコンプライアンスを理解しましょう

労働契約のコンプライアンス違反実例

何気なく行っている事が、実はコンプライアンス違反の実例であるというケースがあります。

昼休みもコンプライアンスには気を抜けません(画像)こうしたケースを予防する為にも、コンプライアンスの意味を理解する事が大切です。

例えば、昼休みを多く取ったので、その分残業を行うという事です。

実質的な労働時間に変わりは無いので、就業規則を守っているように見えるでしょう。しかし、実はこれはコンプライアンス違反の実例なのです。

一体どのような点が、コンプライアンス違反となっているのでしょうか。

2つの違反点

この実例では、2つの違反点が挙げられます。

まずは、昼休みの就業規則を守っていないという事です。

もう1つは、労働に専念するという義務を意味する、労働契約に対する違反です。

また、本来残業とは上司から指示されるものです。それを自分勝手に決めてしまったら、当然コンプライアンスの意味を理解していないと判断されても仕方がないでしょう。その為、昼休みとして定められた時間の中で、休憩を取るようにして下さい。

 

知っていそうで知らないコンプライアンス違反の実例

スポンサーリンク

カテゴリ

Page top icon