副業のコンプライアンス違反は就業規則と照合する。副業によるコンプライアンス違反の実例、違反実例からコンプライアンスを理解しましょう

副業のコンプライアンス違反実例

コンプライアンス違反になるか、ならないかが、企業の就業規則によって決まるケースも珍しくはありません。

副業もコンプライアンス違反が見られる典型例です(画像)こうした際には、企業のコンプライアンスの意味をしっかりと理解している必要があります。

今回は、違反になるケースとならないケースを実例を交えてご紹介します。

その実例とは、就業時間外に行う副業です。就業時間外は、その名の通り就業規則の枠組みの外という意味です。

その為、企業が行動を制限する事はなく、自由に行動して構いません。

しかし、副業を行うとなると、その企業のコンプライアンスの意味を理解しておく必要があります。

就業規則を良く確認しておく

例えば、公務員の場合、副業は法律で禁止されているので、違反となります。 しかし、民間企業の場合は、就業規則で制限が行われているかどうかが問題となります。

つまり、就業規則で制限されているのに副業を行うと、コンプライアンス違反になるという事です。 こうした実例は、多数報告されているので、注意しましょう。

もちろん、就業規則に明示されていなくても、企業の風土なども勘案して考えなければいけなくなるということもあります。ケースバイケースで考えていかなければならないということもあるのです。

その点、コンプライアンスは難しいということがいえるのではないでしょうか。

 

知っていそうで知らないコンプライアンス違反の実例

スポンサーリンク

カテゴリ

Page top icon