典型的なコンプライアンス違反がコピー機利用(備品利用事例)。コピー機利用によるコンプライアンス違反、違反実例からコンプライアンスを理解しましょう

コピー機利用のコンプライアンス違反実例

コンプライアンス違反かどうであるかの問題として、下記のような実例が挙げられる事があります。

よくあるコンプライアンス違反がコピー機にまつわることです(画像)それは、会社のコピー機を私的に利用したという実例です。

会社のコピー機は、会社の資産を意味します。その為、用紙代は勿論、インク代、メンテナンス代といった全てを、企業が負担しています。

そんなコピー機を私的に利用するという事は、企業の利益を損ねるという意味になってしまうのです。

1枚だけならといった軽い考えで、利用する事はやめましょう。

では、上司に私的な利用の許可を得ていたという実例の場合、どのようになるのでしょうか。

上司の許可があっても・・・

この実例の場合でも、コンプライアンス違反と判断されます。

しかし、緊急性が高く、上司にも許可を得ていた場合は例外となり、コンプライアンス違反とならないケースもあります。こうした実例からわかる事は、公私混同を行わないという事です。

コンプライアンスの意味をきちんと理解していれば、そうした行動は行わないでしょう。

ほんの少しの気の緩みがコンプライアンス問題を大きくしてしまうことがあります。悪いことをしても、必ず誰かが見ているものです。自分自身の襟元を正すということも、定期的に行う必要があります。

 

知っていそうで知らないコンプライアンス違反の実例

スポンサーリンク

カテゴリ

Page top icon