無知が招く法律に関連したコンプライアンス違反とは。法律によるコンプライアンス違反の実例、違反実例からコンプライアンスを理解しましょう

知識がないことによる法律違反

コンプライアンスは、法令遵守という意味を持っています。

最も初歩的な法律のコンプライアンス違反事例とは(画像)その為、自分の業務や職場に関係する法律は、知っておく必要があります。

業務や職場に関係する法律を、社員が理解していないという実例があります。これはコンプライアンス違反となるだけでなく、コンプライアンスの意味すら理解していない実例と言えるでしょう。

法律を正しく理解していなければ、何が正解で何が間違っているのかという判断を下せません。その為、知らず知らずのうちにコンプライアンス違反を犯してしまっているという実例に繋がりかねません。

こうした事から、企業側は関係する法律に関して、社員を教育する必要があります。

勉強会など主体性を引き出す

また、企業側の対応が十分でない場合は、社員から勉強会の開催を求めるといった事も行うべきでしょう。

法律を知らないという事は、コンプライアンスの意味そのものを揺るがす重大な出来事です。その為、きちんとした知識やスキルを身につける事が非常に重要と言えるでしょう。

最も効率的なのは、企業からではなく、ボトムアップのように社員から自主的・主体的に勉強会などを開催することです。トップダウンでは、一時的な効果に終わることが多く、押さえつけのやり方では長続きしないのが現状です。

コンプライアンス対策は、現場で働く従業員を動機付けすることも求められているのです。

 

知っていそうで知らないコンプライアンス違反の実例

スポンサーリンク

カテゴリ

Page top icon