作業マニュアルとはどのようなものかを理解しないとコンプライアンス違反に。作業マニュアルとコンプライアンス違反、違反実例からコンプライアンスを理解しましょう

作業マニュアルとはどのようなものか?

業務が行いやすいように、作業マニュアルを自分流に変更するというケースは、珍しくない事です。

作業マニュアルの性質を考えればコンプライアンス違反も見えてきます(画像)しかし、これはコンプライアンス違反の実例となります。

一見、業務をスムーズに行う行動として効果的に見える実例ですが、何故コンプライアンス違反となるのでしょうか。

作業マニュアルには、これまで働いてきた人達の経験や知識が詰まっており、業務を行う際に大変意味を持つものです。それを勝手に変更するという事は、コンプライアンス違反を意味します。

実際に、勝手に作業マニュアルを変更した事によって、大きな問題やトラブルを引き起こしたという実例は多数報告されています。

その為、社員は勿論、消費者を守る為にも、作業マニュアル通りの行動を行う事がコンプライアンスの意味をきちんと理解できていれば、勝手な行動は行わないはずです。

独自の行動は時にコンプライアンス違反を引き起こす

もしも、本当に効果的な改善点を見つけたとしましょう。その際は、勝手に変更するのではなく、きちんと企業に提案を行う事が正しい対応となります。

効果的であると判断されれば、企業側も作業マニュアルの改善に取り掛かるはずです。

良かれと思った行動が、実際にはコンプライアンス違反に該当してしまうということは少なからずあります。なんともやりきれない話であることも事実ですが、企業は人の集合体であり、個人の意思のみで動いているわけでも、全てを決定しているわけでもありません。

企業とはどのようなものかという原理原則を振り返ってみれば、何となく分かるような事例でもあります。

 

知っていそうで知らないコンプライアンス違反の実例

スポンサーリンク

カテゴリ

Page top icon