社員名簿は個人情報保護の観点からも厳重管理を。社員名簿の流用はコンプライアンス違反、違反実例からコンプライアンスを理解しましょう

社員名簿の意味の重さ

個人情報保護法の違反となるコンプライアンス違反の実例として、社員名簿の流用が挙げられます。

社員名簿に関するコンプライアンス違反も多いものです(画像)例え相手がどれだけ仲の良い友人であろうと、流用する事はコンプライアンス上、認められていません。

これは、コンプライアンスの意味を理解していれば、当然理解できる実例ではないでしょうか。

社員名簿には、名前、住所、電話番号、生年月日などの個人情報が多数掲載されています。社員は、管理上必要であるからこれらの個人情報を、企業に提供しているのです。

決して、管理以外の意味での利用を認めてはいないという事です。その為、社員名簿の流用という実例は、明らかに個人情報保護法に違反した行為と言えるでしょう。コンプライアンスの意味を理解していない行為とも、言い変える事ができます。

社員名簿は会社の財産

社員名簿は、誰の手にも渡してはいけません。

その為、相手が誰であろうと社員名簿を渡すという行為は、重大なコンプライアンス違反となります。管理者には、厳重な管理を行う事が求められます。

企業にとって、名簿というのは、社員に限らず顧客名簿であっても極めて貴重な財産です。名簿の価値というものをもう一度徹底して理解する必要があるといえます。

 

知っていそうで知らないコンプライアンス違反の実例

スポンサーリンク

カテゴリ

Page top icon