インサイダー取引もコンプライアンス違反。株式購入によるコンプライアンス違反の実例、違反実例からコンプライアンスを理解しましょう

インサイダー取引による株式購入のケース

誰にもわからなければ、何をしても良いという考え方は、コンプライアンスにおいて非常に危険な考え方です。

インサイダー取引もコンプライアンス違反です(画像)その為にも、コンプライアンスの持つ意味を正しく理解しておく必要があります。

こうした危険な考え方が起こすコンプライアンス違反の実例として挙げられるのが、友人からの情報によって株式を購入したというものです。

この実例は、一体どのようなコンプライアンス違反となるのでしょうか。

社員や関係者が、重要な情報を公開する前にその会社の株式の売買取引を行うという事は、インサイダー取引となります。インサイダー取引は、金融商品取引法と呼ばれる法律で禁止された行為です。つまり、法令遵守を意味するコンプライアンスの違反実例となります。

知らないでは済まされない

友人から情報を聞いて株式を購入した場合、社員でも関係者でも無いので違反ではないのでは?と考える方もいるでしょう。

しかし、重要な情報を公開前に知らされた時点で、社員や関係者と同等の立場として考えられるので、インサイダー取引となるのです。たとえ自分自身ではなく家族の名義で購入しても、意味は変わりませんので、法律はきちんと守りましょう。

インサイダーと認識していないで株式を購入してしまうということもあるようです。しかし、そのような行為がインサイダー取引とは知らなかったというような言い逃れはできませんし、一般的にインサイダー取引を知らないということは知識不足といわれても仕方ないでしょう。

 

知っていそうで知らないコンプライアンス違反の実例

スポンサーリンク

カテゴリ

Page top icon