消費期限に関する違反例は最近増加しています。消費期限のケースから学ぶコンプライアンス違反、違反実例からコンプライアンスを理解しましょう

消費期限を勝手に決めてしまった場合には?

コンプライアンスの意味をより深く理解する為に、ケースで学ぶという方法が取り入れられています。

例えば、消費期限を勝手に決めてしまったというケースは、コンプライアンス違反となるのでしょうか。

消費期限の表示は、弁当、生菓子、惣菜、調理パンといった食品に義務付けられています。そして、定められた方法で保存した際に、安全性を欠く事の無い日数が、消費期限となります。

つまり、表示期間内ならば、安全に食べる事ができるという意味を持っています。こうした意味を持つ消費期限を、勝手に決めるという行為は、コンプライアンス違反に該当します。

基準を作り、それをしっかりと守ること

消費期限の表示に関しては、各社がそれぞれ基準をまとめています。

そのため、自社の基準に沿った期間を設定する事が、正しい対応と言えるでしょう。この他にも、それぞれの企業には独自に定められた基準があります。

こうした基準を守る事がコンプライアンスの意味であるという事を、このケースからはわかりやすく学ぶ事ができます。

 

知っていそうで知らないコンプライアンス違反の実例

スポンサーリンク

カテゴリ

Page top icon