有給休暇については部下も常識的に取得する必要があります。有給休暇とコンプライアンス違反、違反実例からコンプライアンスを理解しましょう

有給休暇の拒否とコンプライアンス違反の関係

有給休暇は、法律で認められている権利です。

その為、有給休暇の取得を上司に拒否されたというケースは、法律違反となり、法令遵守を意味するコンプライアンス違反となります。

しかし、コンプライアンス違反とならないケースもあります。一体それは、どのようなケースでしょうか。

有給休暇は法律で認められている権利ですが、業務の状況によっては、管理者が変更を求める事が可能であると定められています。

つまり、業務が多忙で、誰か一人でも欠けたら支障が出るようなケースでは、上司が拒否をしてもコンプライアンス違反にはならないという事です。

事由があっても勝手に却下するのはコンプラ違反

しかし、管理者である上司が、一方的に申請を却下するような行為は、コンプライアンス違反となります。

また、申請理由を聞かずに変更を求めたりする事や、管理者である上司自身が有給休暇を取る為に、部下の申請を却下するような事があれば、有給休暇の権利を不当に妨げる行為を意味します。

コンプライアンスの意味と、現在の業務の状況を把握する事が、重要なケースと言えるでしょう。

 

知っていそうで知らないコンプライアンス違反の実例

スポンサーリンク

カテゴリ

Page top icon