企業内では著作権とコンプライアンス違反の関係性が大切になります。社内流用のケースから見るコンプライアンス違反、違反実例からコンプライアンスを理解しましょう

ソフトウエアの社内流用がコンプライアンス違反へ

実際に、コンプライアンス違反によって、企業が損害賠償請求を受けたケースがあります。

一体どのようなケースでしょうか。それは、ソフトウエアの社内流用です。

パソコンで利用するソフトウエアの代金は様々ですが、大変高額なものも中には存在します。そうなると、1本だけ購入して複製し、社内で使いまわすという事が行われがちです。

しかし、こうした行為は、コンプライアンス違反を意味します。

そのため、実際に損害賠償請求が行われた事があるのです。何故、個人ではなく企業が損害賠償請求を受けたのかというと、売買契約を企業が結んでいるからです。

意外と多い著作権侵害の実態

ソフトウエアの社内流用は、著作権侵害を意味します。つまり、法令遵守を意味するコンプライアンスの違反に該当するケースです。

また、社内流用だけでなく、私物のソフトウエアを社内に持ち込んで利用するケースも同様の意味となります。ソフトウエアは、パソコン1台につき1本という事を覚えておきましょう。

著作権侵害は気付かずに、すなわち意図的に悪用する前提でなく行われていることが多いので、特に注意が必要になります。

 

知っていそうで知らないコンプライアンス違反の実例

スポンサーリンク

カテゴリ

Page top icon