選挙活動に関しては公職選挙法や憲法違反に注意が必要。選挙活動のケースから見るコンプライアンス違反、違反実例からコンプライアンスを理解しましょう

選挙活動の依頼は毅然とした態度で断らないと・・・

昼休みにスピーチを行わせて欲しい、パンフレットを置かせて欲しい、ポスターを貼らせて欲しいといった選挙活動を頼まれるケースは、珍しい事ではありません。

珍しい事ではないからといって、これらを実際に行う事は、コンプライアンス違反を意味します。

では、こうしたケースではどのような対応が求められるのでしょうか。

選挙活動を行う候補者が、地域の有力者である事は多々あります。その為、地域への貢献という事で上記のような事を頼まれるケースがあります。

このようなケースでは、就業規則で禁じられているのでと断る事が一番です。

選挙に関することは企業内に持ち込まないことがルール

就業規則では、勤務時間中の政治活動や宗教活動を禁止している事がほとんどです。(仮にそのような規定がない場合にも、一般的にはそのような暗黙の前提があるといえます)

そのため、法令遵守を意味するコンプライアンスとしては、就業規則を守る事が最も適切な対応となります。この他にも、企業全体で選挙活動を後押しするケースがあります。

しかし、こうしたケースも公職選挙法や憲法違反となり、コンプライアンス違反を意味するので、注意が必要です。

 

知っていそうで知らないコンプライアンス違反の実例

スポンサーリンク

カテゴリ

Page top icon