贈答の受け取りなど判断が難しい場合には就業規則を確認しましょう。贈答のケースから見るコンプライアンス違反、違反実例からコンプライアンスを理解しましょう

まずは就業規則を遵守することが大切

取引先から物品を渡されるケースがあります。

こうしたケースには、どのような対応が求められるのでしょうか。

コンプライアンスに違反しないような対応を、考えてみましょう。こうしたケースで最初に確認すべき事項は、就業規則です。

就業規則によって、贈答が禁止されている場合は、受け取らないのが一番でしょう。何故なら、コンプライアンスは法令遵守を意味しているからです。

つまり、就業規則も守らなければいけない存在となるので、もし受け取ってしまった場合は、コンプライアンス違反を意味する事となるのです。

選挙に関することは企業内に持ち込まないことがルール

では、就業規則で禁止されていないケースでの対応は、どのようにすべきでしょうか。

こうしたケースでは、まずは上司への報告が求められます。自分がもらった物だからといって、勝手に持ち帰るような事はやめましょう。

また、取引先に対して贈答を求めるような行為は、コンプライアンス違反を意味する事となるので、行わないようにしましょう。

 

知っていそうで知らないコンプライアンス違反の実例

スポンサーリンク

カテゴリ

Page top icon