企業で収集した情報の活用には注意が必要です。アンケート情報から見るコンプライアンス違反、違反実例からコンプライアンスを理解しましょう

アンケート利用はコンプライアンス違反が多い典型例

顧客から集めたアンケート情報によって商品開発を行う事は、コンプライアンス上、何の問題ありません。

では、このアンケート情報を他の部署で利用するとなると、どうなるのでしょうか。部署は異なれど、同じ社内で利用するのであれば、コンプライアンスに問題はないと考える方が多いようです。

しかし、これは立派なコンプライアンス違反を意味します。

間違いやすいケースなので、きちんと理解しておきましょう。

アンケートを行う場合、事前にどのような目的に利用するかを説明するのが基本です。

つまり、アンケートに回答した顧客は、事前に説明された目的に利用される事を承諾したと言えるでしょう。そして、事前に説明した目的以外のケースでの利用に関しては、承諾していないという意味になります。

そのため、他の部署であっても、利用する事はできないのです。

個人情報を含むアンケートは取扱い注意

事前に説明した目的以外のケースでの利用を行う場合は、個人の承諾が必要となります。他の部署は勿論、他の目的に流用する事も禁ずる意味となるので、慎重に取り扱いましょう。

社内の情報は、社内で自由に使うことができるということではありません。特に、個人情報を含むようなアンケートの場合には、活用だけではなく、厳重なる保管なども行う必要があります。

 

知っていそうで知らないコンプライアンス違反の実例

スポンサーリンク

カテゴリ

Page top icon