企業によっては個人情報の扱いが甘いところが多いようです。同窓会名簿の利用ケースとコンプライアンス違反、違反実例からコンプライアンスを理解しましょう

個人情報保護法とコンプライアンス違反の密接な関係

同窓会の名簿を利用して、ダイレクトメールを郵送したというケースが、実際にあります。

これは、コンプライアンスの意味を理解していない行為と言われています。一体どのような点が、コンプライアンス違反となるのでしょうか。

同窓会の名簿を利用して、ダイレクトメールを郵送する事は、個人情報保護法の違反を意味します。

個人情報保護法では、個人情報の利用目的を本人に知らせなければいけません。

勿論、利用目的に変更があった場合も、知らせる事が義務付けられています。同窓会の名簿の利用目的は、同窓生の連絡用です。

企業の個人情報流出にも注意が必要

ダイレクトメールの郵送という意味は、利用目的に一切含まれていません。

ですから、利用する事は個人情報保護法の違反ケースとなるのです。また、企業が直接利用目的を知らせた上で集めた個人情報では無い点も、企業倫理に当てはまる行動とは言えません。

こうした点からも、同窓会の名簿を利用して、ダイレクトメールを郵送するというケースはコンプライアンス違反と言えるでしょう。もちろん、企業の社員名簿なども同様に考えることができます。

 

知っていそうで知らないコンプライアンス違反の実例

スポンサーリンク

カテゴリ

Page top icon