無理な依頼や強要などは企業のコンプライアンス違反に繋がります。取引先との関係とコンプライアンス違反、違反実例からコンプライアンスを理解しましょう

自分だけ良ければ良いというのはコンプライアンス違反

取引先とのパートナーシップは、コンプライアンスにおいて重要な意味を持ちます。

しかし、納入先に対してコストダウンを強要するケースがあります。こうしたケースは、当然コンプライアンス違反に該当します。

自社さえ利益を出す事ができれば、取引先はどうなっても構わないという考え方があります。これは、コンプライアンスの意味を理解していない考え方と言っても過言ではないでしょう。

こうした考え方の企業は、長期的に見て、発展する事は難しいでしょう。

また、顧客からも信頼を得るのは難しいと言えます。

社会的にどうすれば最適になるのかを考える

実際に無茶なコストダウンを強要したケースでは、取引が破談となる事があります。

また、コストダウンに対応した結果、納入品の品質が劣化する可能性もあります。これは、自社の製品の品質が落ちる事を意味し、最終的に損害を受けるのは自社という事になります。

そのため、取引先との共存共栄を考え、全体的なバランスを考える事がコンプライアンスでは求められています。

 

知っていそうで知らないコンプライアンス違反の実例

スポンサーリンク

カテゴリ

Page top icon