コンプライアンス実習は研修や教育の後に行います。実習は基礎知識がある前提で行うものです。全体の流れをイメージしてみてください

実習前のコンプライアンスについての姿勢

コンプライアンスは、ただ学べば良いというものではありません。

コンプライアンス実習前に行うこと優れたテキストやマニュアルがあり、それらに目を通したとしても、意味がありません。

実際にそのテキストやマニュアルが優れているかどうかは、実際に試してみないと知る事ができないからです。

また、実習を行う事によって、よりコンプライアンスについて理解を深める事ができます。こうした点からも、実習は必要不可欠と言えるでしょう。

だからといって、何の知識もスキルも無い状態で実習を行っても意味がありません。まずは、コンプライアンスの持つ意味や、重要性を知る事が大切です。基礎をきちんと学んでから、実習は行うようにしましょう。

実習は定着のステップ

その為には、まずコンプライアンス研修や教育に取り組む事が大切です。研修や教育は、自社で行われているケースもあれば、外部の講師を招いて行われるケースもあり、企業により異なります。

どちらにせよ、実習の前には研修や教育を受ける事が絶対条件と言えるでしょう。

手っ取り早く実習を行ってしまう、時間やコストの関係で実習をまずは行う、そんな考え方もなくはありません。しかし、プロセスを踏んで行わないと、効果を得ることは難しく、最悪の場合には社員の反発を招いてしまうこともありますから、注意が必要です。

 

コンプライアンス実習

スポンサーリンク

カテゴリ

Page top icon