コンプライアンス実習では担当者の力量がポイントにもなります。また、実習ではコンプライアンス担当者の位置付けが大切になります。

コンプライアンス研修を定着させるための実習

コンプライアンスは、企業において非常に重要な意味を持っており、多くの企業が取り組んでいる事項です。

講師の存在も重要ですその為、研修を受けたら終了という考え方では、意味がありませんし、せっかくの研修が無駄となってしまいます。

研修を受けたのであれば、きちんと実習する事が大切です。実習の為には、企業内にコンプライアンス推進室といった組織を立ち上げる事が大切です。

積極的に推進する組織がなければ、実習を行う事は難しいでしょう。また、ルール違反かどうか曖昧な事例や、研修で学んだ知識だけでは判断が難しい事例の場合、アドバイスが行える存在も実習には欠かせません。

講師を招いて実習を行う場合は、講師に質問し、アドバイスを貰う事ができるでしょう。

実習における担当者の位置付け

しかし、講師がいない場合は、コンプライアンスの担当者がアドバイスをしなければいけません。その為、担当者は他の社員よりもよりコンプライアンスの意味をしっかりと理解し、教育できるような知識を身につけておかなければいけません。

コンプライアンス研修を行う際には講師がいるわけですから、担当者は質問を積極的に行って、コンプライアンスに関する理解を深めておく必要があります。もちろん、書籍などでもコンプライアンスに関する情報はいくらでも収集することができますから、活用しない手はないでしょう。

 

コンプライアンス実習

スポンサーリンク

カテゴリ

Page top icon