コンプライアンス実習は自ら進んで行いたいもの。実習は自分で行うことに価値がありますから、主体性を育むこともポイントになります。

コンプライアンス実習は自分で率先して行うと効果大

コンプライアンスの持つ意味や重要性といった基礎を学んだら、実習を行ってみましょう。

コンプライアンス実習は自ら率先して行うコンプライアンスは、ただ学べば良いというものではありません。

その為、意味や重要性を知り、知識やスキルを身につけたのであれば、実習を行ってより理解を深める事が大切です。

例えば、具体的にコンプライアンスについて考えてみるという実習も効果的です。

ただテキストやマニュアルを読んでいるだけでは、自分の頭で考える事はありません。また、講師の話を聞くだけでも、考える事はないでしょう。そこで、自分自身で考える実習を行う事が、理解を深める為に大きな意味を持つ事となります。

やりやすいものから始める

最初は、違反であるかどうかがわかりやすい事例から、考えてみるようにしましょう。 その事例をクリアできれば、より違反であるかどうかがわかりにくい事例に取り組んでみて下さい。

できるだけ身近な事例を問題にすると、より理解を深める事に繋がります。 こうした実習が、一人一人のコンプライアンスの意識向上に、大変役立ちます。

コンプライアンスに関する事例は、実際に業務を行っていると、頻繁に遭遇するはずです。そんな時に、これはコンプライアンス的にどうだろう?これは違反ではないか?というような視点を持つことで、日々の業務を通じてコンプライアンス意識を高めることができるようになります。

意識するかどうかで、見えるものが変わってきますので、究極的には自分次第ということになります。

 

コンプライアンス実習

スポンサーリンク

カテゴリ

Page top icon