コンプライアンス実習で活用できるマニュアルは実習でも使えますから、自社独自のものをいずれ準備する必要はあるでしょう。

コンプライアンス実習で使えるマニュアルとは?

簡単に取り組む事ができるコンプライアンス実習と言われているのが、Q&A方式のマニュアルです。

コンプライアンスマニュアルも意外と使えるものです企業倫理や就業規定、行動や業務に関する指針といったコンプライアンスに関しては、一度研修や教育を受けた程度では、全てを覚える事は不可能でしょう。

その為、定期的に研修や教育を行い、最新の情報を社員に提供する事が、企業には求められています。Q&A方式のマニュアルがあれば、行動や業務において違反であるかどうか迷った時に、大変役立ちます。

また、Q&A方式のマニュアルがあれば、社員一人一人が自発的にコンプライアンス実習を行う事ができます。自発的にコンプライアンス実習を行う事ができれば、それだけ社内でも早く浸透する事でしょう。

その為、社員一人一人のコンプライアンス意識の向上にも、意味を持つ存在となります。

独自作成しなければ無価値

Q&A方式のマニュアルは、非常に意味のあるものです。しかし、それぞれの企業によって企業倫理や就業規定が異なる為、独自に作成しなければ意味がありません。

その為、作成には時間やコストが必要となります。では、時間やコストを掛けてまで作成する価値や意味はあるかということになりますが、結論からいえば「十分な価値を得ることができる」といえます。

むしろ、時間やコストを掛けたものほど、自社の状況に適合しているわけですから、高い効果を期待することができます。マニュアルなどのツール作成は、しっかりとした担当者が位置付けられていないと実現することができませんので、その意味でも企業に対する貢献度も高いといえます。

 

コンプライアンス実習

スポンサーリンク

カテゴリ

Page top icon