テストを活用すれば理解度が一目瞭然に見える。テストで実習の成果を見える化することで、自分と他人の目の双方でチェックをすることができます。

コンプライアンス実習で活用できるテスト形式

研修や教育で、コンプライアンスの持つ意味や重要性を学んだ後は、その知識やスキルを身につける必要があります。

テスト形式の実習もありますつまり、ただ学んだだけではいけないという事です。

実際に対応できるように実習を行う事が、コンプライアンス意識の向上に繋がります。

実習の1つとして挙げられるのが、テストの実施です。テストを行う事によって、業務における対応力を問う事ができます。対応力を身につける事ができれば、コンプライアンスの持つ意味や重要性をしっかりと認識できていると言えるでしょう。

勿論、間違った対応では意味がありません。その為、正しい対応と何故その対応が正しいのかといった解説も、テストと合わせる事が重要です。

テストは研修などでも使え応用の可能性が広い

テキストやマニュアルで、自発的にコンプライアンス教育を行っている場合も、テストによる実習が効果的です。テストを行えば、どれだけ真面目にテキストやマニュアルを読んでいるかが一目瞭然だからです。

また、コンプライアンスに対する意識も、テストから読み取る事ができるでしょう。

これらのテストは、自己チェックとしてではなく、しっかりと提出させることで、証拠として残すことが可能となります。担当者としても、理解度を把握することができるため、資料としての価値もあることになります。

 

コンプライアンス実習

スポンサーリンク

カテゴリ

Page top icon