内製化にこだわらずにコンプライアンス教育の外注化も手っ取り早い。時間を節約するなら、外注化という方法もあります。

自社の内容を考慮したコンプライアンス教育行う

コンプライアンス教育には、時間やコストが必要となります。

時間やコストがかかったとしても、それ以上にコンプライアンス教育は行う意味があるものです。そのため、現在ではほとんどの企業が取り組みを行っていると言えます。

しかし、コンプライアンス教育をどのように行うのかという部分は、企業によって異なります。

コンプライアンス教育の内容は、企業によって異なります。たとえば、重点的に教えたいこともあるでしょうし、企業の社風や風土なども考慮しなければいけません。

ですから、それぞれの企業で行う事が1番でしょう。

しかし、コンプライアンスについてきちんと学んだ人間が教えなければ、意味がありません。そうした人材が社内にいない場合は、外注するのが1番でしょう。

社員の満足度を高め、行動変容を促す

外注先としては、コンサルティング会社や弁護士事務所などがあります。

外注の際の注意点としては、企業に適した講師を派遣して貰う事が挙げられます。社員が、受けて良かった、これからに役立つと思えるような意味のある講義を行ってもらいましょう。

そして、社員一人一人の意識を向上させる事が重要です。

 

コンプライアンス教育の方法について

スポンサーリンク

カテゴリ

Page top icon