e-ラーニングによる場合にはチェック体制が必要になります。最近はパソコンを使ったコンプライアンス教育が増えてきています。

社員の主体性に期待するならばe-ラーニングも効果あり

最近では、e-ラーニングを利用したコンプライアンス教育も実施されています。

e-ラーニングを利用したコンプライアンス教育には、時間やコストを削減できるという意味があります。

また、コンサルティング会社や弁護士事務所にコンプライアンスに関するセミナーを外注するよりも、社員に対して高い教育効果を与えられると言われています。

一見すると、メリットばかりのようなe-ラーニングですが、デメリットは無いのでしょうか。

e-ラーニングと一言で表しても、その方法は色々あります。例えば、動画閲覧方式の場合、動画を閲覧中に居眠りをしてしまっては、意味がありません。その為、外注で講師を招いて、社員に緊張感を持たせるなどの工夫を行わなければ、e-ラーニングの持つ教育も意味が無くなってしまいます。

社員の行動変容につなげる仕組みが重要

動画閲覧方式では、どうしても外注によるセミナーと同様の効果しか期待できません。

そこでオススメなのが一問一答方式です。一問一答方式では、強制的に社員全員をコンプライアンス教育に参加させる事ができます。

また、インターネット上で管理が可能なので、新たなシステムを導入する必要もありません。

 

コンプライアンス教育の方法について

スポンサーリンク

カテゴリ

Page top icon