一問一答は比較的知識に定着しやすい。コンプライアンス知識を理解して覚えてもらうための方法にはいろいろあります。

一問一答形式はe-ラーニングの欠点を補うもの

e-ラーニングを利用した一問一答形式のコンプライアンス教育は、最も高い効果が期待できると注目を集めています。

一問一答形式では、管理画面により問題に取り組んだ結果を全て企業は把握する事ができます。

これは、コンプライアンス教育のグループディスカッションを、外注先に依頼して実施した際と同様の効果を意味します。

グループディスカッションを外注し実施するとなると、多くの人数の参加が必要不可欠です。

そうなると、全員が入る事ができる会場の確保も必要となります。外注にかかる費用に加え、会場の費用もプラスするという事は、企業は費用面で大きなデメリットを抱える事を意味します。

特に社員数が多い企業では効率的な方法

しかしe-ラーニングは、インターネットを活用して実施する事が可能です。

そのため、会場の確保は勿論不要ですし、新たなシステムを導入する必要もありません。これで、外注と同様の効果を得られるのであれば、注目を集める意味も理解できるはずです。

これからコンプライアンス教育を行うという企業には、是非オススメしたい方法です。ただし、それほど規模が大きくない企業の場合には、講師の外注による一斉研修(集合研修)の方が理想的です。

企業の規模や予算、目的によってどの形式のコンプライアンス教育が最適なのかは変わることに注意が必要です。

 

コンプライアンス教育の方法について

スポンサーリンク

カテゴリ

Page top icon