使えるコンプライアンス知識を得るためには事例活用が有効。自社で内製化して教育を行う場合には事例活用がポイントになります。

テキストやマニュアルを併用すると効果アップ

一問一答形式のe-ラーニングは、外注によるセミナーよりも、コンプライアンス教育で高い効果を示しています。

特に、具体的な事例のものに取り組めば取り組むほど、コンプライアンス意識は向上すると言われています。

しかし、これだけではコンプライアンスを社内に浸透させる事ができないと考える方もいるはずです。

そこで、外注によるセミナーなどの実施を検討する方も多いようですが、セミナーよりもテキストやマニュアルとの併用をオススメします。

テキストやマニュアルとe-ラーニングを併用する意味とは、どのような事でしょうか。テキストやマニュアルを配布すると、社員はe-ラーニングに取り組む際に、必然的にそれらに目を通す事でしょう。つまり、より深い学びに繋がるという意味です。

併用することで意識を高めることができる

テキストやマニュアルによるコンプライアンス教育は、外注を行う必要もなく、企業にとっては時間もコストも削減できる便利なものです。

しかし、これだけでは自発的に社員が勉強を行わないと、教育の意味がありません。そこで、時間やコストを削減したまま、よりコンプライアンスを社内に浸透させる方法として、併用する方法をオススメします。

 

コンプライアンス教育の方法について

スポンサーリンク

カテゴリ

Page top icon