ビジネススクールはやや難易度が高めの内容。担当者レベルが参加するのに適した内容が多いようです。

外注とビジネススクール研修との違い

コンプライアンス教育は、企業で行う事がほとんどです。

企業自体が全てを行うものもあれば、コンサルティング会社や弁護士事務所などに外注して、講師を招いて行うものもあります。

外注を利用するしないといった違いはあれど、これらは全て企業で行われているコンプライアンス教育と言えるでしょう。

しかし、コンプライアンス教育は企業以外でも行われています。これは、一体どのような意味で、外注との違いはどのような点でしょうか。

企業以外で行われているコンプライアンス教育の代表的な存在が、ビジネススクールで行われているセミナーを意味します。セミナーはほぼ毎月行われており、受講には2万~3万ほどかかります。

なお、参加に関しては自主的なケースもあれば、企業から参加するよう通達されるケースもあります。

外部の研修機関は一斉実施が難しい場合に活用

ビジネススクールでは、それぞれの立場に適したセミナーを実施しているので、若手社員がいきなり幹部向けのセミナーに参加しても意味がありません。

それぞれの立場に適したセミナーに参加して、コンプライアンスの意味を基礎から学んでください。

外注で行う場合には、自社の社員を一斉に参加させる必要がありますが、ビジネススクールなど外部の研修機関の場合には、都度都度に社員を送りこむことができますから、少数づつ受講させることが可能となります。

 

コンプライアンス教育の方法について

スポンサーリンク

カテゴリ

Page top icon