コンプライアンスが社内に浸透するのは時間が掛かることが一般的。会社として腰を据えて浸透するのを待つことも必要です。

社員にもいろいろなタイプがいる

コンプライアンス教育として、その意味など基本的な事を伝えたとしましょう。

一般的には、基本的な意味を伝えた後も、定期的にコンプライアンス教育を実施して、最新の情報を伝えて行くべきとされています。

つまり、一度外注で講師を招いて研修を実施したとしても、社内にコンプライアンスに対する意識は浸透しないという事です。

それだけ、社内全体に浸透させる事は、難しいと言えるでしょう。

しかし、基本的な意味を教えた後の社員の行動は、大きく3つに分類されると言われています。それは、行動派と無関心派、反発派の3つです。

これらを把握してコンプライアンス教育を実施しなければ、せっかく外注で良い講師を招いたとしても意味がありません。

長期的な目線でコンプライアンス教育を考える

例えば、社内の多くが反発派だった場合は、まだ社内にコンプライアンスを浸透させるべき段階ではないという事になります。

そのため、外注先から講師を招いて研修を実施するよりも、まずは教育を受け入れる土台作りを行いましょう。

このように、教育を受けた後、社員の行動がどのように変化するかを、きちんとチェックした上で、次に繋げるようにしなければいけません。

 

コンプライアンス教育の方法について

スポンサーリンク

カテゴリ

Page top icon