2つの目的が存在するコンプライアンス検定、コンプライアンス検定は時代の要請によるものだといえます。

2つの実施目的を持つコンプライアンス検定

ビジネスコンプライアンス検定の、実施目的とはどのような意味でしょうか。

多くの企業が推奨する検定だからこそ、実施目的をきちんと理解しておきましょう。

ビジネスコンプライアンス検定の実施目的は、大きく2つに分類できます。

1つは、健全な企業活動の促進に欠かせないコンプライアンス経営です。そしてもう1つは、ビジネスパーソンとしての行動にまつわる対応能力です。

これらに関する対応能力の認定が、実施目的です。

つまり、コンプライアンスの本来の意味である法令遵守や、ルール、企業倫理などが問われる事となります。

また、これらの理念や目的をきちんと理解しているか、明確な判断基準を持っているかといった点も、重要な意味を持ちます。

受験しなくても意義はある

ビジネスコンプライアンス検定は、初級と上級に分類されています。

企業によっては、初級の取得を全社員に促している企業もあるので、最低限初級レベルの知識やスキルは、受験をせずとも習得しておくべきでしょう。

コンプライアンス検定に対応した書籍はたくさん販売されているので、それを学ぶだけでも、受験しなくても価値はあります。

 

コンプライアンス検定について

スポンサーリンク

カテゴリ

Page top icon