ビジネスコンプライアンス検定の団体受検      

ビジネスコンプライアンス検定の団体受検、本来は社員全員で受験する団体受検が良いのは当然です。

ビジネスコンプライアンス検定には団体受験がある

コンプライアンスの意味を理解し、教育を深める一環として、ビジネスコンプライアンス検定が利用されています。

ビジネスコンプライアンス検定は、個人で受験する事も可能ですが、企業や団体の施設を使った、団体受験も行われています。

どのような手続きで、団体受験は行えるのでしょうか。

団体受験を行うためには、事前に受験会場としての申請が必要となります。申請後、試験実施団体として登録をされれば、団体受験が可能となります。

申請条件は、企業や各種法人、教育機関などの団体である事のみとなっています。試験会場として登録を行っていれば、受験人数は1人からでも問題ありません。

また、申請に関する費用は一切不要です。必要になるのは、受験者の人数分の受験料と申し込み手数料の2,100円のみです。

企業で関係者が同時に受験することが可能

団体受験を行う意味として、ビジネスコンプライアンス検定の初級に関しては、5ヶ月程度ある実施認定期間内ならば、団体が自由に日程を設定できるという点が挙げられます。

つまり、コンプライアンスの意味を一から教育した最後の関門として受験するというカリキュラムも不可能ではないという事です。

日程や時間も自由に決めることができますから、企業内で受験者を募ってビジネスコンプライアンス検定を行うという方法もオススメです。

 

コンプライアンス検定について

スポンサーリンク

カテゴリ

Page top icon