コンプライアンス教育は簡単そうで厄介なものです。大企業から小規模企業までが注目しているコンプライアンス研修について確認をしておきます。

コンプライアンス研修はなぜ行うのか?

コンプライアンスの重大性は認識していても、研修を行う具体的な意味がわからない方もいるようです。

コンプライアンス研修は大切なものになります今回は、コンプライアンス研修を行う意味についてご紹介します。

研修を行う意味は、コンプライアンスの意識を、社内で働く全ての社員に与える事です。そして具体的には、日常における活動において、法律を守る体制を作るきっかけを作るという事です。

社内で働く全ての社員に意識を持ってもらう事が大切なので、一般社員から役員まで、全ての社員が受講する事となります。

なお、一般社員や管理職、役員といった立場の違いによって、研修内容が変化するのが一般的です。勿論、同じ内容を受講する事も不可能ではありませんし、問題ではありません。

研修実施と研修後

コンプライアンス研修後は、社内で組織運営を行ったり、社内規定を作ったりという事となります。そこでリーダーとなる責任者や担当者も、一般社員とは異なる内容を受講しておいた方が、効果的です。

具体的には、組織運営や社内規定にまつわる内容を学ぶと良いでしょう。

 

コンプライアンス研修について

コンプライアンス研修について、整理をしてみました。

スポンサーリンク

カテゴリ

Page top icon