コンプライアンス研修は良い外部講師を探そう。コンプライアンス研修の講師や費用をどのように捉えるのかを確認しておきましょう。

外部講師招聘がコンプライアンス研修の場合多い

一般的な企業では、専門の講師を招いて、コンプライアンス研修が行われています。

コンプライアンス研修の流れとはしかし、専門の講師といっても、弁護士や経営コンサルタントなど、様々な講師が存在します。

その為、企業に適した研修を行ってくれる専門の講師を選ぶ事が、意味を持つ事となるでしょう。

講師が決定すれば、会場の確保です。自社で会場が用意できなければ、それ相応の会場を確保する必要があります。

また、当日使用するテキストやマニュアルの準備も欠かせません。人数分用意しなければいけないので、できるだけ早めにテキストやマニュアルの準備は行いましょう。最後に、参加する社員の予定を確保して、実施するといった流れです。

コンプライアンス研修は投資として考える

このように、コンプライアンス研修を行う際には、多大な時間とコストが必要となります。

しかし、コンプライアンス研修は企業にとって、大変意味のある事です。その為、多少時間やコストが必要となったとしても、研修の持つ意味の方が非常に大きい為、実施されています。

単に費用と考えてしまうと、埋没してしまうわけですが、実際には社員の意識が変わり、コンプライアンスへの取り組みが活性化することで、費用ではなく会社にとっては大きな投資と考えることができるようになります。

投資と考えることで、コンプライアンス研修の費用は高いものではなくなります。むしろ、社員の意識改革が進むのであれば、講師に払う謝金は安いものです。

 

コンプライアンス研修について

スポンサーリンク

カテゴリ

Page top icon